体験記

当研究室で研究・実務修練に関わった方の体験記です。

 

産業衛生学専攻(修士過程 2016年度卒)

楠本 朗

 臨床医として働いていた時、今後労働生産人口が減少していき、第二次ベビーブーマー世代は働き続けていくことが求められ疾病予防こそが重要になる、予防となると産業医として働くのがいいのではないかと考えました。ただこの時点で日本医師会の認定産業医は持つものの産業医経験はなく、漠然としたイメージがわいただけでした。また同時にこうも考えました。企業にとって最も重要なことは利益を出すことです。健康投資や予防的なアプローチにコストがかかるのであれば、企業にとって積極的にやろうという動機にはなりません。予防に対するコストを企業がどう受け入れていくかが問題と考えていました。

 そんな矢先、第86回日本産業衛生学会(2013年)が松山で開催され、そのシンポジウムの一つのテーマに「健康会計」というものがありました。拝聴いたしますと疾病で生じていた企業のコスト負担が、予防的な対応をすることでそのコストを軽減することを証明していくという内容であり、まさに私が関心を抱いていた問題に当研究室が取り組んでいることを知りました。学会後、研究室に連絡を取り見学する運びとなり、その際、新たに産業衛生学の修士コースが開設されると伺い、産業保健全般を勉強するにはちょうど良いと考え、2014年度から入学することに致しました。

 産業医科大学出身ではない私は研究室にとって外様になるわけで、入学に際して一番の懸案事項は産業医大出身者と比較すると不利益を被るとまではいかなくとも、不公平を感じることがあるのではないかというものでした。しかしその点につきましては全くの杞憂でした。いろいろな研究テーマがあるのですが、私が興味を示しますと、「一緒にやりましょう」と、即座にチームの一員として受け入れていただき、様々な研究に楽しく関わらせていただきました。もし仮に当研究室の研究テーマにご興味があり、研究はしてみたいが、「研究室の雰囲気が分からない」「他大出身で大丈夫だろうか」とお悩みの方がいらっしゃれば、問題ありませんとお答えいたします。

当研究室で研究を行うその他のメリットと致しまして、産業医活動の相談を行うことができる点があげられます。工場など有害業務の産業医を一人で始めるということは、なかなか敷居が高いと思われます。在学中は数企業で嘱託産業医をやりながら研究をするというスタイルでしたが、有害業務対応などで困ったときすぐに相談することができ、大変助かりました。労働生産性の研究を行いながら産業医活動を行い、研究、産業医活動両面において指導を受けるというメリットを享受することができ、大変実りのある2年間でした。

ついでに細かい話を致しますと大学院に進まれた場合、大学院1年目は産業保健の講義を受講しなければなりませんが、18時から21時という時間設定となっており、産業医活動など仕事の後に受講することが可能です。また毎週月曜日は研究室のスタッフ全員が集まり、研究の進捗状況等を確認する日になっていますので、月曜日は終日研究室に出務することが望ましいでしょう。

 当研究室の研究に興味をお持ちで、同時に産業医業務の指導も希望される場合、遠慮なく当研究室へ連絡されることをお勧め致します。自分から突然連絡するのは敷居が高いという場合は、毎年5月に日本産業衛生学会が開催されます。当研究室から毎年ポスター発表をしていますので、研究室のことを知りたい場合、演者に研究についていろいろ質問される手もあるかと思われます。