研究業績

      2018年

      永田智久. コラボヘルスにおける経営者の心に響くデータ提示法. 産業保健の複雑データを集めてまとめて伝えるワザ. 和田耕治, 津野香奈美編 MCメディカ出版 東京、2018: 134-137.


      2017年

      森晃爾. 治療と職業生活のための両立支援. 健康経営アドバイザー初級テキスト. 東京商工会議所 東京、2017: 76-79.


      2019年

      Chimed-Ochir O, Nagata T, Nagata M, Kajiki S, Mori K, Fujino Y. Potential worktime lost due to sickness absence and presence among Japanese workers. JOEM. 2019; 61(8): 682–688.

      Mori K, Mori T, Nagata T, Nagata M, Iwasaki M, Sakai H, Kimura K, Shinzato N. Factors of Occurrence and Improvement Methods of Presenteeism Attributed to Diabetes: A systematic Review. J Occup Health. 2019; 61(1): 36-53.

      新里なつみ, 永田昌子, 永田智久, 森晃爾. 企業における健康施策決定プロセスと企業・労働者のニーズを踏まえた産業医の介入に関する探索的検討. 産業衛生学雑誌. 2019; 61(5):141-158.


      2018年

      Nagata T, Mori K, Ohtani M, Nagata M, Kajiki S, Fujino Y, Matsuda S, Loeppke R. Total Health-related Costs Due to Absenteeism, Presenteeism, and Medical and Pharmaceutical Expenses in Japanese Employers. J Occup Enviton Med. 2018; 60(5): e273-e280.


      2017年

      Michishita R, Jiang Y, Ariyoshi D, Yoshida M, Moriyama H, Obata Y, Nagata M, Nagata T, Mori K, Yamato H. The Introduction of an Active Rest Program by Workplace Units Improved the Workplace Vigor and Presenteeism Among Workers: A Randomized Controlled Trial. J Occup Environ Med. 2017; 59(12): 1140-1147.

      Nagata T, Fujino Y, Saito K, Uehara M, Oyama I, Izumi H, Kubo T. Diagnostic Accuracy of the Work Functioning Impairment Scale (WFun): A Method to Detect Workers Who Have Health Problems Affecting their Work and to Evaluate Fitness for Work. J Occup Environ Med. 2017; 59(6): 557-562.

      Nagata T, Nakata A, Mori K, Maruyama T, Kawashita F, Nagata M. Occupational safety and health aspects of corporate social responsibility reporting in Japan from 2004 to 2012. BMC Public Health. 2017; 17(1): 381.


      2019年

      森晃爾. 【健康経営とメンタルヘルス】 産業医から見た健康経営 統合型健康経営の勧め 産業精神保健. 2019; 27(2): 108-112.

      森晃爾. 健康経営の背景と推進方法、そしてめざすもの. 人事実務. 2019; 1195: 6-15.


      2018年

      森晃爾. 健康経営とメンタルヘルス. 関西福祉科学医科大学EAP研究所紀要. 2018; (12): 1-4.

      森晃爾. 健康経営の展開と課題. 総合健診. 2018; 45(2): 331-335.

      永田智久. 社員の健康が労働生産性のアップにつながる. 産業保健と看護. 2018; 56: 16-19.


      2017年

      森晃爾. 【働き方を変える-労働時間と仕事・生活・生命】健康経営の推進は過重労働の防止につながるか. 労働の科学. 2017; 72(1): 8-11.

      森晃爾. 健康経営を考える-産業保健の視点から-. エルダー. 2017; 39(8): 10-14.

      森晃爾. 【中小企業版の選定も始まった チャンスは今!ねらえ!健康経営銘柄】健康経営を推進する意義と成果を上げるためのポイント. 産業保健と看護. 2017; 9(5): 386-389.


      2019年

      Mori K. Occupational health in disasters: Valuable knowledge gained from experience with the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. J Occup Health. 2019; 61(6): 429-430.

      岡﨑龍史, 林卓哉, 松田尚樹, 長谷川有史, 佐藤健一, 加藤尊秋, 神田玲子, 島田義也, 立石清一郎, 森晃爾. 放射線教育プログラムによる福島原発作業員の知識向上と不安低減の定量的解析. 産業医学ジャーナル. 2019; 42(6): 61-66.


      2018年

      高橋哲雄, 久保達彦, 森晃爾. 英国の危機管理システムと安全衛生機能の位置づけ. 産業医科大学雑誌. 2018; 40(2): 201-208.

      Mori K, Tateishi S, Kubo T, Kobayashi Y, Hiraoka K, Kawashita F, Hayashi T, Kiyomoto Y, Kobashi M, Fukai K, Tahara H, Okazaki R, Ogami A, Igari K, Suzuki K, Kikuchi H, Sakai K. Continuous Improvement of Fitness for Duty Management Programs for Workers Engaging in Stabilizing and Decommissioning Work at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. J Occup Health. 2018; 60(2): 196-201.

      Anan T, Mori K, Kajiki S, Tateishi S. Emerging Occupational Health Needs at a Semiconductor Factory following the 2016 Kumamoto Earthquakes: Evaluation of Effectiveness and Necessary Improvements of List of Post-disaster Occupational Health Needs. J Occup Environ Med. 2018; 60(2): 198-203.


      2017年

      豊田裕之, 森晃爾. 大災害における産業保健の課題:世界貿易センタービルテロ事件と福島第一原子力発電所事故における産業保健上の課題に関する文献の比較による考察. 産業医科大学雑誌. 2017; 39(2): 153-159.

      松岡朱理, 小林祐一, 梶木繁之, 上原正道, 佐々木規夫, 小田上公法, 平岡晃, 中西成元, 五十嵐侑, 森晃爾. 海外医療機関調査のための情報収集チェックリストの開発. 産業衛生学雑誌. 2017; 59(3): 71-81.

      Lucchini R, Hashim D, Acquilla S, Basanets A, Bertazzi PA, Bushmanov A, Crane M, Harrison DJ, Holden W, Landrigan PJ, Luft BJ, Mocarelli P, Mazitova N, Melius J, Moline J, Mori K, Prezant D, Reibman J, Reissman DB, Stazharau A, Takahashi K, Udasin I, Todd CA. A comparative assessment of major international disasters: The need for exposure assessment, systematic emergency preparedness, and lifetime health care. BMC Public Health. 2017; 17: 46.


      2015年

      Hiraoka K, Tateishi S, Mori K. Review of health issues of workers engaged in operations related to the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. J Occup Health. 2015; 57(6); 497-512.

      五十嵐侑, 森 晃爾. 災害事象による労働者の健康影響に関する文献的考察. 産業医科大学雑誌. 2015; 37(3): 203-216.

      Tateishi S, Igarashi Y, Hara T, Ide H, Miyamoto T, Kobashi M, Inoue M, Matsuoka J, Kawashima M, Okada T, Mori K. What occupational health needs arise in workplaces following disasters? A Joint analysis of eight cases of disaster in Japan. J Occup Environ Medicine. 2015; 57(8): 836-844.


      2015年

      立石清一郎, 五十嵐侑, 松岡朱理, 工藤愛, 岡田岳大, 岡原伸太郎, 久保達彦, 森晃爾. 産業保健スタッフのための企業危機支援ツールの作成. 産業医学ジャーナル. 2015; 38(4): 48-57.


      2019年

      Kajiki S, Mori, K, Kobayashi Y, Hiraoka K, Fukai N, Uehara M, Adi, NP, Nakanishi S. Developing a Global Occupational Health and Safety Management System Model for Japanese Companies. J Occup Health. 2019; 62(1): e12081.


      2018年

      深井七恵, 平岡晃, 梶木繁之, 小林祐一, Chatchai Thanachokswang, Sara Arphorn, 上原正道, 中西成元, 森晃爾. タイ王国の労働衛生に関する制度および専門職育成の現状-日本企業が海外拠点において, 適切な労働衛生管理を実施するために. 産業医科大学雑誌. 2018; 40(1): 33-44.


      2017年

      平岡晃, 梶木繁之, 小林祐一, Nuri Purwito Adi, Dewi Sumaryani Soemarko, 上原正道, 中西成元, 森晃爾. インドネシア共和国の労働衛生に関する制度および専門職育成の現状-日本企業が海外拠点において, 適切な労働衛生管理を実施するために. 産業衛生学雑誌. 2017; 59(6): 229-238.


      2018年

      伊藤直人, 平岡晃, 梶木繁之, 小林祐一, 森晃爾. 中華人民共和国における安全生産標準化の動向~中国の労働安全衛生マネジメントシステムの規格について. 産業医学ジャーナル.  2018; 41(4): 79-87.


      2017年

      石丸知宏, 梶木繁之, 小林祐一, 森晃爾. ミャンマー連邦共和国の労働安全衛生の現状とこれからの展望. 労働の科学. 2017; 72(9): 542-547.


      2019年

      森晃爾. 産業保健ハンドブック改訂17版. 労働調査会、東京. 1-104.

      森晃爾. 労働安全衛生マネジメントシステムの各要素と産業保健プログラム 産業保健スタッフのためのISO45001. 中央労働災害防止協会、東京. 45-55.


      2018年

      森晃爾, 岡原伸太郎. 就業措置・支援総論 産業保健ハンドブックシリーズ⑥ 改訂2版
      働く人の健康状態の評価と就業措置・支援. 労働調査会、東京. 8-41.

      森晃爾. 産業保健ハンドブック改訂16版. 労働調査会、東京. 1-104.

      永田智久. マネジメントシステムによる産業保健. 産業医学のプリンシプル~大切なこと.
      「産業医学ジャーナル」編集委員会編, 産業医学振興財団, 東京, 2018: p.188-190.

      永田智久. メンタルヘルス不調者の復職支援. 産業保健ハンドブックシリーズ⑥ 改訂2版
      働く人の健康状態の評価と就業措置・支援 労働調査会、東京, 2018: p.104-118.

      永田智久. 労働者の健康と身体活動. 産業保健スタッフ必携 職場における身体活動・運動
      指導の進め方. 大修館書店, 東京, 2018


      2017年

      森晃爾. 産業保健ハンドブック改訂15版. 労働調査会、東京. 2017; 1-104.

      森晃爾. 産業保健の目的と活動内容. 産業保健マニュアル改訂7版、森晃爾編 南山堂, 東京, 2017; 1-3.

      森晃爾. 労働安全衛生マネジメントシステム. 産業保健マニュアル改訂7版、森晃爾編 南山堂, 東京, 2017; 72.

      森晃爾. 過重労働対策. 産業保健マニュアル改訂7版、森晃爾編 南山堂, 東京, 2017; 352-355.


      2015年

      森晃爾, 梶木繁之, 永田智久他. 嘱託産業医のためのQ&A 改訂4版. 労働調査会、東京; 2015

      森晃爾. 産業保健ハンドブック改訂13版、森晃爾編 労働調査会、東京. 2015


      2019年

      Matsuura Y, Yoshioka M, Nakata A, Haraga M, Hachisuga T, Mori K. Trends in uterine cervical cancer screening at physical health checkups for company employees in Japan. JUOEH. 2019; 41(3): 327-333.

      Hashiguchi K, Nagata T, Mori K, Nagata M, Fujino Y, Ito M. Occupational health services improve effective coverage for hypertension and diabetes mellitus at Japanese companies. JUOEH. 2019; 41(3): 271-282.

      Nagata M, Nagata T, Inoue A, Mori K, Matsuda S. Effect modification by attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) symptoms on the association of psychosocial work environments with psychological distress and work engagement. Frontiers in Psychiatry. 2019; 10: 166.

      Kusumoto A, Kajiki S, Fujino Y, Namba K, Nagata T, Nagata M, Tsutsumi A, Mori K. Characteristics of self-reported daily life note (LN) users in return-to-work judgment for workers on sick leave due to mental health conditions, and usefulness of the tool. Ind Health. 2019; 57(1): 70-78.

      永田昌子, 森晃爾, 永田智久, 金子鉱明,井上愛. 職場での課題解決につながりうる衛生委員会における産業医の行動の類型. 日本衛生学雑誌. 2019; 74: 18022.


      2018年

      Ito N, Nagata T, Tatemichi M, Takebayashi T, Mori K. Needs Survey on the Priority Given to Periodical Medical Examination Items among Occupational Physicians in Japan. J Occup Health. 2018; 60(6): 502–514.

      Mori K. Current Status and Issues for the Role of Occupational Health Physicians in Japan. JMA Journal. 2018; 1(1)15-21.

      石丸知宏, 服部理裕, 永田昌子, 桑原恵介, 渡邊聖二, 森 晃爾. ストレスチェックの受検に関連する因子:定期健康診断と同時期に実施することを中心とした検討. 日本衛生学雑誌. 2018; 73(2): 235-240.

      平岡晃, 古屋佑子, 立石清一郎, 赤羽和久, 錦戸典子, 森晃爾, 高橋都. 事業場向け両立支援ガイドラインが「現場」に求めること-医療者向け支援ツールの開発. 日本職業・災害医学会会誌. 2018; 66(1): 11-17.

      大河原眞, 梶木繫之, 楠本朗, 藤野善久, 新開隆弘, 森本英樹, 日野義之, 山下哲史, 服部理裕, 森晃爾. 精神科主治医からの情報提供を充実させるために産業医が依頼文書に記載すべき要素の検討. 産業衛生学雑誌. 2018; 60(1): 1-14.


      2017年

      Myojo T, Nagata T, Verbeek J. The Effectiveness of Specific Risk Mitigation Techniques Used in the Production and Handling of Manufactured Nanomaterials: A Systematic Review. J UOEH. 2017; 39(3): 187-199.

      Kajiki S, Izumi H, Hayashida K, Kusumoto A, Nagata T, Mori K. A randomized controlled trial of the effect of participatory ergonomic low back pain training on workplace improvement. J Occup Health. 2017; 59(3): 256-266.


      2015年

      Mori K, Nagata M, Hiraoka M, Kudo M, Nagata T, Kajiki S. Surveys on the competencies of specialist occupational physicians and effective methods for acquisition of competencies in Japan. J Occup Health. 2015; 57(2): 126-41.

      善家雄吉, 梶木繁之, 吉川徹, 仲尾豊樹, 吉川悦子, 庄司卓郎, 福本恵三, 酒井昭典. 労働災害による難治性手外科関連外傷症例の発生予防に関する検討-Expert Opinion Gathering Meetingの開催について-. 産業医科大学雑誌. 2015; 37(4): 313-18.


      2018年

      永田昌子, 永田智久 【職域における発達障害者への対応と支援】 職場でみられる発達障害を有する労働者とその対応. 日本医事新報. 2018; 4910: 33-38.


      2019年

      永田昌子. 【就労支援・復職支援現場での工夫】産業保健スタッフからの声. 産業精神保健 27巻特別号. 2019; 82-85.

      森晃爾. 改正労働安全衛生法における産業医・産業保健機能の強化. 月刊社労士. 2019.7 88-89.

      立石清一郎, 井上俊介, 黒木一雅, 細田悦子, 近藤貴子, 高倉加寿子, 中藤麻紀, 篠原弘惠, 古田美子, 荻ノ沢泰司, 簑原里奈, 永田昌子, 榎田奈保子, 柴田喜幸. 産業医科大学における治療と仕事の両立への貢献. 産業医学ジャーナル. 2019; 42(4): 30-37.


      2018年

      森晃爾. 健診機関における産業保健サービスの現在-むすび. 産業医学ジャーナル. 2018; 41(1): 25-26.

      森晃爾. 新しいテーマが発生している「健康管理」. 労働安全衛生コンサタント会報. 2018; 38(125): 42-44.

      森晃爾.産業保健の充実に向けて医学教育の現場からの取り組み 多様な現場に対応する産業医の育成を目指して~実践の場に生きるケーススタディと産業保健プロセスの学びを提供. Medical Communication. 2018; 2018(冬号): 42-44.

      森晃爾.多重請負構造の作業における労働衛生対策の段階的構築. 健康開発. 2018; 22(4): 24-30.

      森晃爾. 「治療と職業生活の両立支援」その背景と課題. 月刊社労士. 2018; 2018(7): 90-91.

      森晃爾. 労働安全衛生マネジメントシステムと産業医保健活動 1.産業保健専門職に必要な労働安全衛生マネジメントシステムの理解. 産業医学ジャーナル. 2018; 41(6): 4-7.


      2017年

      森晃爾. 【「健康経営」を考える<第2回>】 特定健康診査および一般健康診断の項目見直しの動き. 健康開発. 2017; 21(4): 21-28.

      森晃爾. 産業医学実践研修の軌跡. 健康開発. 2017; 21(4): 64-71.

      森晃爾. 【産業保健の未来への展望と課題】 産業保健の未来像. 健康管理. 2017; (758): 2-13.

      大河原眞, 坂井寛毅, 森晃爾. 健康増進、健康教育、健康経営 産業保健職の視点から. 労働安全衛生広報. 2017; 49(1162): 15-21.

      森晃爾. 社会医学系専門医構築の取組み. 産業医学ジャーナル. 2017; 40(6): 4-8.

      丹下智草, 小笠原彩菜, 永田昌子. 産業保健体制づくり、産業保健職の視点から. 労働安全衛生広報. 2017; 49: 22-27.

      岩崎まほこ, 永尾保, 永田智久. 産業保健職の視点から メンタルヘルス対策、過重労働対策. 労働安全衛生広報. 2017; 49.