推奨意見の優先順位

推奨意見について、【優先】【労働者の声】のマークをつけています。

このマークは、以下の手順で作成しました。

 

テレワークとなった働く人、テレワークの対象でなかった働く人、テレワークとなった働く人の家族の3者について、5名の産業医/研究者(伊東, 永田智, 永田昌, 森, 藤野)が健康影響についてリストアップしました。その結果、94個の健康影響がリストアップされました。

 

その健康影響を5名の産業医(小田上, 上原, 梶木, 小山, 土肥)に提示し、以下の質問を行いました。

・健康影響のリストに追加すべき項目はないか

・健康影響について、実際に労働者から相談を受けた、あるいは、労働者の声を聞いた、等のことはあったか【労働者の声】

・健康影響について、今後検討する優先順位は(高い / 中間 / 低い の3段階評価)

 

その結果、

・健康影響リストは21個の追加があり、最終的に115個となりました。

テレワークとなった働く人     :59個

テレワークの対象でなかった働く人 :29個

テレワークとなった働く人の家族  :27個

 

・5名の産業医のうち、2名以上の産業医に労働者の声が届いた健康影響は、115個中、18個ありました。

 この18個の健康影響は、多くの労働者が実際に感じている可能性が高いと考えられます。

⇒2名以上の産業医がきいた意見に、【労働者の声】マークをつけています。

 

・優先順位を、高い=3点、中間=2点、低い=1点とし、5名の産業医が評価したものの平均点を計算したところ、

テレワークとなった働く人     :平均2.1点、2.5点以上の健康影響は59個中19個

テレワークの対象でなかった働く人 :平均2.2点、2.5点以上の健康影響は28個中10個

テレワークとなった働く人の家族  :平均1.9点、2.5点以上の健康影響は27個中4個

でした。

⇒2.5点以上の意見に、【優先】マークをつけています。

 

トップページへ