20201021:産業医学Ⅰ(医学部)講義を担当しました

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

産業保健経営学 修練医の髙橋です。

 

先日、医学部1年生対象の『産業医学Ⅰ』という講義で修練医ではありますが、産業医・産業保健について講義を行いました。

 

例年であれば、第一線で活躍されている先生方が担当される講義ですが、今般のコロナ禍のため、先生方も学生講義へのご対応が困難な状況であり、今年度は修練医にも講義を担当する機会をいただきました。

 

3年次の常勤産業医経験、4〜5年次の嘱託産業医経験・研究室での修練過程に関する体験談を中心に、わかりやすく産業医・産業保健の魅力を伝えられるよう精一杯講義をさせていただきました。

 

遠隔講義のため直接学生のリアクションをうかがうことはできませんでしたが、受講後アンケートにおいては、産業医についてイメージや理解が深まったなどの感想もあり、学生の学びになる講義ができたのではないかと感じました。

 

私が学生時代のときは、卒業年次の近い産業医の先生からお話を聞く機会が少なかったので、年次が近い先輩の講義は、リラックスして話を聞ける良い機会だったのではないでしょうか。

 

今後も産業医が魅力的な仕事であることを学生に向けて発信していければと思います。

 

[文責:修練医 髙橋 宏典 TAKAHASHI HIROSUKE ]