20201218:令和2年度 産業衛生学専攻修士論文 公開審査会

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

12月18日に

令和2年度 産業衛生学専攻修士論文 公開審査会が執り行われました。

 

産業衛生学専攻の8名(当研究室からは4名)が、

 

修士論文のプレゼンテーションを実施しました。

 

発表後は、主査、副査の先生方から鋭い指摘や質問が飛び交い、

研究内容について、盛んなディスカッションがなされました。

 

この1年と8ヶ月の間、実施してきた研究の成果について、

それぞれが緊張しながら、精一杯発表している姿が印象的でした。

私自身も、自分の順番になるまでは、緊張して生きた心地がしませんでした。

 

審査会当日に至るまでの準備は、非常に大変でしたが、

無事に終了し、今は安堵の気持ちです。

同期が多くいたからこそ、乗り越えられたことも多くあり、

同期の有り難さを痛感する大学院生活でした。

 

 

公開審査会終了後には、会場に残った研究室メンバーで記念撮影をしました。

 

ご指導いただい教員の先生方、サポートしてくださった教務課の皆様、

改めて感謝申し上げます。

 

今日はXmas!!今年も残すところわずかになりました。

新型コロナウイルスのため、私も帰省はせず、

いつもとは違う年越しになりそうです。

 

皆様、よいお年をお迎えください!

 

[文責:修練医 髙橋 宏典 TAKAHASHI HIROSUKE ]