20201021:産業医学Ⅰ(医学部)講義を担当しました

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

産業保健経営学 修練医の髙橋です。

 

先日、医学部1年生対象の『産業医学Ⅰ』という講義で修練医ではありますが、産業医・産業保健について講義を行いました。

 

例年であれば、第一線で活躍されている先生方が担当される講義ですが、今般のコロナ禍のため、先生方も学生講義へのご対応が困難な状況であり、今年度は修練医にも講義を担当する機会をいただきました。

 

3年次の常勤産業医経験、4〜5年次の嘱託産業医経験・研究室での修練過程に関する体験談を中心に、わかりやすく産業医・産業保健の魅力を伝えられるよう精一杯講義をさせていただきました。

 

遠隔講義のため直接学生のリアクションをうかがうことはできませんでしたが、受講後アンケートにおいては、産業医についてイメージや理解が深まったなどの感想もあり、学生の学びになる講義ができたのではないかと感じました。

 

私が学生時代のときは、卒業年次の近い産業医の先生からお話を聞く機会が少なかったので、年次が近い先輩場合には、リラックスして話を聞ける良い機会だったのではないでしょうか。

 

今後も産業医が魅力的な仕事であることを学生に向けて発信していければと思います。

 

[文責:修練医 髙橋 宏典 TAKAHASHI HIROSUKE ]

20201019:健康経営実践に関する勉強会(第2回)

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

産業保健経営学修練医の酒井です。

10月に入り、夜になると少し肌寒くなってきました。

コロナウイルスの流行状況は以前よりは少し落ち着いてきているように感じますが、

当研究室では、ほぼすべての業務が遠隔対応に移行しています。

 

さて、9月下旬に開催された健康経営実践に関する勉強会(遠隔)に参加しました。

8月開催(第1回)に続き、第2回目の開催でしたが、
引き続き多くの企業の方にもご参加いただき有意義な会となりました。

 

第1回勉強会については、こちらのブログ記事をご参照ください。
(クリックするとページが開きます)

 

第1回勉強会では、企業における健康経営の課題と目標を図に表現し、

第2回となる今回は、グループワークを通じて、
健康経営実現に向けてのKPI(key performance index)を設定するなど、
実践的な課題をこなしました。

 

今回参加を通じて、遠隔レクチャー等においても工夫次第で、
十分効果的なグループワークが可能であると感じました。

 

[文責:修練医 酒井 洸典 SAKAI KOSUKE ]

20201001:第93回日本産業衛生学会総会 若手優秀演題賞受賞報告

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

4年次修練医の清水崇弘です。

過日開催された第93回日本産業衛生学会総会で、前年度の修練事業所から「某製造業における咀嚼の状態と喫煙の関係」と題する演題を発表させていただき、僭越ながら若手優秀演題賞を拝受しましたので、ご報告いたします。

 

研究デザインはもとより、統計用語やデータに即した適切な解析法の選択など理解も不十分で五里霧中の状態でしたが、今回の若手優秀演題賞拝受につながる発表ができたことを大変光栄に感じています。

 

本調査では、喫煙者と一度も喫煙したことがない非喫煙者との間で、咀嚼に問題を感じている人に差があるかどうかを検証しました。非喫煙者と比較し、喫煙では、有意に咀嚼に問題を感じている人が多いという結果が得られ、口腔環境の悪化により歯牙喪失が起こり、咀嚼に影響を与えている可能性が示唆されました。歯牙・歯周環境は一部不可逆的な側面もあるため、就労可能年齢の比較的若年層に対し積極的な禁煙勧奨を行う指標の一つになり得ると考察しています。

 

今回はコロナ渦のため直接発表をする機会に恵まれず大変残念でしたが、今後も研鑽に励み、産業医学の振興に寄与したいと考えています。現在は「ESG」と「健康経営」について調査を行っており、今後この調査においても研究発表できればと思っています。

今後とも皆様からの厚いご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。

 

[文責:修練医 清水 崇弘 SHIMIZU TAKAHIRO ]

20200927:事業所修練中間報告会・説明会

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

2020年9月27日、産業医科大学専門産業医Ⅰコース(大学院生含む)の事業所修練中間報告会ならびに研究所修練の説明会がzoomにて遠隔開催されました。

 

報告会・説明会には、次年度から研究所で修練・大学院入学予定の先生方もたくさんご参加いただき、事業所研修の中間発表が行われました。

 

また報告会・説明会後は、ブレイクアウトルームを利用した交流会が初めての試みとして行われました。

 

交流会では、次年度からの嘱託産業医活動だけではなくプライベートな話題などでも盛り上がり、充実した会となりました。

 

研究所での修練・大学院進学予定の皆さん、次年度からどうぞよろしくお願いいたします。

 

[文責:修練医 下田 隼 SHIMODA HAYATO ]

20200904:コラボヘルス研究会

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

2020年9月4日、今年度 第1回 コラボヘルス研究会を開催しました。

本来は例年春に開催していた研究会ですが、COVID-19感染症の流行拡大に伴い中止となり、開催方法を検討し、今回の開催に至りました。さらにウェビナー形式での遠隔開催という初の試みでもありました。

 

研究会当日は12社40名余りの会員の皆様にご参加いただき、「健康投資会計」をテーマに戦略MAPの作成について情報共有を行いました。

研究会開催直前に2020年度 健康経営度調査表が公開され、タイムリーな内容でもあったため、小グループでのグループワークでも活発な意見交換が行われました。

特にソーシャルキャピタルなどの無形資源については、その評価指標や向上にむけた取組み方法をどのようにしていくのかという議論もあり、大変勉強になりました。

 

今年度の研究会は、運営・開催方法が手探りの状態ですが、今後とも研究室の一員として微力ながらお手伝いさせていただきたいと思います。

 

[文責:修練医 伊藤 遼太郎 ITO RYOTARO ]

20200831:健康経営実践に関する勉強会(第1回)

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

2020年8月某日、健康経営実践に関する勉強会に参加しました。

 

当研究室の森 晃爾 教授より、
さまざまな業種・規模の企業の健康経営についての実践的なセミナーが
行われました(Webでの開催)。

当研究室修練医も参加し、改めて健康経営における経営課題との結び付け、
PDCAの組み立て方、評価指標の重要性についての認識が共有される会
となりました。

 

多くの企業の方にもご参加いただき、
私たち修練医もさまざまな企業の取り組みや施策について
知ることができる非常に有意義な勉強会となりました。

 

今後もより良い健康経営を通して、働く方々をサポートしていけるように、
私たち産業医も一層励んでいきたいと思います。

 

[文責:修練医 永田 皓太郎 NAGATA KOTARO ]

20200817:不要不急の銀河

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

緊急事態宣言発出後、当研究室も在宅ワークの時間が増えています。

自粛傾向が続きますが、それぞれどのようなことがクリアできたら自分のやりたいことができるのか?、今の現状ならどのようなことができるのか?など考えながら過ごす日々です。

 

当研究室の森教授も撮影の支援に加わったNHKドラマ&ドキュメント『不要不急の銀河』!

初回放送(7月23日(木・祝))をご覧になった方もいらっしゃると思います。

 

ドラマ&ドキュメント 「不要不急の銀河」 ―NHK

 

脚本に芥川賞作家・又吉直樹さん、出演者もリリー・フランキーさん、夏帆さん、小林勝也さん、鈴木福さん、片桐はいりさんと豪華キャストです。

 

先日8月15日(土)にも若干の再編集を加えたver.が再放送されました。

見逃した方もまだチャンスがあります。

 

9月26日にはBSプレミアムで『不要不急の銀河』 拡大版(仮)の放送が決定いたしました。

お時間のある方は、ぜひご覧ください!

 

来月もスナック銀河に会えます。

 

撮影風景などバックヤードの様子が気になる方は、NHKのwebサイトにドキュメンタリー撮影風景がよくわかるページがあります。

 

プロデューサーと専門家が語る「ウィズコロナ時代のエンターテインメント作成のあり方」

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

[文責:修練医 髙橋 宏典 TAKAHASHI HIROSUKE ]

20200612:第93回日本産業衛生学会 web開催

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査などに同行しております。
 同行での報告、感想等を随時掲載しております]
 

第93回 日本産業衛生学会
学会テーマ:「産業衛生の原点に立ち、将来の労働と健康について考える」

 

2020年度の日本産業衛生学会はCOVID-19感染拡大のためWeb開催となり、本日6月12日から各種発表の閲覧が可能となりました。

新緑の季節の北海道での学会を楽しみにしていましたが、またCOVID-19が落ち着いたら、個人的に旅行に行きたいと思います。

Web開催ではありますが、当教室からも教員はじめ修練医が多くの演題を発表しています。

興味がある演題がありましたら、是非スライドをご覧ください!!

 

***当教室分のみ抜粋***

[ ポスターセッション ] (以下敬称略)

P1-038
演題名:健康経営度調査から見た産業保健活動の実態:第1報ー背景と調査票の活用
 演者:森 晃爾

P1-039
演題名:健康経営度調査から見た産業保健活動の実態:第2報ー体制と事後措置の実施との関係
 演者:永田 昌子

P1-040
演題名:健康経営度調査から見た産業保健活動の実態:第3報ー教育・メンタルヘルス対策体制
 演題:髙橋 宏典

P1-041
演題名:健康経営度調査から見た産業保健活動の実態:第4報ー健診結果の活用
 演者:永田 智久

P1-097
演題名:健康経営・コラボヘルス研究第21報 時間外労働とプレゼンティズム
 演者:桑原 啓行

P2-016
演題名:健康経営・コラボヘルス研究第20報 女性労働者の貧血と抑うつ、労働の影響について
 演者:永田 皓太郎

P2-031
演題名:福島第一原子力発電所における健康経営優秀事業所表彰のための調査票開発
 演者:伊藤 遼太郎

P2-082
演題名:健康経営・コラボヘルス研究第19報 時間選好率と生活習慣の関連性
 演者:末吉 尚純

P2-107
演題名:テキスト分析で見る社会保険労務士が行う治療と仕事の両立支援
 演者:酒井 洸典

 

今年度大学に戻った修練医も前年度の修練事業所から演題を発表しています。

**前年度の修練事業所からの発表**

P2-070
演題名:職業運転者における睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査と健康診断項目との関連性
 演者:蜂須賀 陸 

P2-088
演題名:工場隣接診療所における簡易的節酒指導介入(ブリーフインターベンション)効果
 演者:下田 隼

P2-114
演題名:高齢者就労における身体機能評価その4ー45歳時教育での測定導入ー
 演者:藤本 亜弓

O26-3
演題名:某製造業における咀嚼の状況と喫煙の関係 [若手優秀演題賞受賞]
 演者:清水 崇弘

 

[文責:修練医 髙橋 宏典 TAKAHASHI HIROSUKE ]

20200512:「新型コロナウイルス流行に伴い急遽はじまったテレワークの健康影響」

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。
活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

大学での勤務が開始されるとほぼ同時にリモートワークとなり、
人と会えない寂しさや不安を感じている最中、
「新型コロナウイルス流行に伴い急遽はじまったテレワークの健康影響」の研究に
関わらせていただきました。

 

方法としては、Health Impact Assessment(HIA)を
新型コロナウイルス対策としてのテレワークに適用し、
その健康影響を幅広く検討しました。

 

HIAとは、行政や企業において施策を導入する際、それに伴う健康影響をアセスメントし、
想定された不利な健康影響を減じ、また健康上の便益を促進するような対策を
予め備えるための手法です。

テレワークとなった働く人、また、テレワークの対象とならなかった人が、
生活習慣や仕事、家族・地域、疾病・医療においてどんな影響を受けるのか、
またその影響による不利な健康影響があればどんな対策をすればよいのか?

 

産業保健経営学のホームページにも掲載されていますので、是非ご覧ください。

 

「新型コロナウイルス流行に伴い急遽はじまったテレワークの健康影響」

クリックすると新しいタブが表示されます。
うまく画面が表示されない場合は、研究室トップページのバーナーからお願いいたします。

 

このような貴重な機会をいただき、心より感謝し申し上げます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

[文責:修練医 藤本 亜弓 FUJIMOTO AYUMI ]

20200413:新年度体制スタート

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 
4月に入って研究室のメンバーが入れ変わりました。
 
2019年度の
5年次の先生方は専属産業医として就職され、
3年次の先生方は専属産業医としての修練を終えて研究室へ。
 
2020年度は総勢11名の修練医となりました。
 
コロナウイルスの影響で対面での仕事は必要最低限にするため
デスクの配置を壁側にして部屋も2つに分けました。
 
産業医活動も感染リスクと活動の重要性を考えて
リモートワークを併用しています。
 
未曾有の感染症パンデミックに対して
できることを考えて少しでも貢献できるように頑張りたいです。
 
 

[文責:修練医 酒井 洸典 SAKAI KOSUKE ]