201218:令和2年度 産業衛生学専攻修士論文 公開審査会

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

12月18日に

令和2年度 産業衛生学専攻修士論文 公開審査会が執り行われました。

 

産業衛生学専攻の8名(当研究室からは4名)が、

 

修士論文のプレゼンテーションを実施しました。

 

発表後は、主査、副査の先生方から鋭い指摘や質問が飛び交い、

研究内容について、盛んなディスカッションがなされました。

 

この1年と8ヶ月の間、実施してきた研究の成果について、

それぞれが緊張しながら、精一杯発表している姿が印象的でした。

私自身も、自分の順番になるまでは、緊張して生きた心地がしませんでした。

 

審査会当日に至るまでの準備は、非常に大変でしたが、

無事に終了し、今は安堵の気持ちです。

同期が多くいたからこそ、乗り越えられたことも多くあり、

同期の有り難さを痛感する大学院生活でした。

 

 

公開審査会終了後には、会場に残った研究室メンバーで記念撮影をしました。

 

ご指導いただい教員の先生方、サポートしてくださった教務課の皆様、

改めて感謝申し上げます。

 

今日はXmas!!今年も残すところわずかになりました。

新型コロナウイルスのため、私も帰省はせず、

いつもとは違う年越しになりそうです。

 

皆様、よいお年をお迎えください!

 

[文責:修練医 髙橋 宏典 TAKAHASHI HIROSUKE ]

201213:産業医学基礎研修会 冬期集中講座

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

令和2年度 産業医学基礎研修会が開催(12月8日〜13日)されました。

産業医実務研修センターが主催し、従来は「夏期集中講座」として開催されていましたが、

今回は新型コロナウイルス感染症の影響により、12月開催に延期になりました。

 

これまでは受講者の方々はメインホールに一同に会して受講されていましたが、

今回はメインホールとサテライト会場の2会場に分かれるなど、

新型コロナウイルス感染症対策を実施しての開催となりました。

 

 

サテライト会場での遠隔講義については、今回初の試みでしたが、

無事大きなトラブルなく終了することができました。

 

研究所修練医も開催期間中、研修会運営のお手伝いをさせていただきました。

当日私も、舞台袖から講義を聴講させていただきましたが、改めて勉強になりました。

 

[文責:修練医 五阿弥 雅俊 GOAMI MASATOSHI ]

201202:社会環境部門 基礎研究配属 発表会

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

12月2日、当研究所 社会環境部門の基礎研究室配属の成果発表を行いました。

新型コロナウイルス感染症対策のためzoomで実施しました。

 

当研究室からは、以下の4演題を発表しました。

 

藤澤 聡:睡眠前のブルーライトと翌日のプレゼンティーズム

柴垣 実央:就活生は健康経営をどれくらい重視するか?

金 龍馬:東証一部上場企業のCSR報告書の文脈における産業保健の捉え方

三浦 夏穂:飲酒と昇進睡眠前のブルーライトと翌日のプレゼンティーズム

 

基礎研究室配属は、医学部3年次の約3か月間にわたって行われます。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、嘱託産業医活動への同行は出来ませんでした。

 

研究テーマも学生自身が興味を持ったものを選択しており、

嘱託産業医活動に同行できない分、

修練医からの講義やそれぞれの研究に多くの時間をあてることができたようです。

 

今後は、あわよくば産業医の進路を選択してもらえることを祈っています!

 

なにより、多くの制約がある中で

少しでも学校生活が充実したものになればよいなと思っています。

 

[文責:修練医 酒井 洸典 SAKAI KOSUKE ]

201127:合同オリオンゼミ

[年間を通して随時、修練医がリサーチや監査等、様々な活動に参加・同行しております。

 活動報告、感想等を随時掲載しております]

 

みなさんこんにちは!5年次修練医の末吉です。

先日、産業医科大学ラマツィーニホール大ホールで

「第28回 合同オリオンゼミ」が開催されました。

 

合同オリオンゼミは、産業生態科学研究所で月1回開催している

オリオンゼミの対外的な発信の場であり、

当日は厚生労働省等からご来賓の先生のみならず、

遠隔からも多数の先生方にご参加いただきました。

 

開会に先立ち、表彰式が執り行なわれました。

昨年度、研究所修練医長を務めた田中先生(産業保健管理学出身)が馬場記念賞を受賞されました。

 

【田中先生の後ろで現修練医長が見守っていますね。来年は彼が表彰される番です!】

 

功労賞は、安藤先生(作業関連疾患予防学)、泉先生(人間工学)、真船先生(産業精神保健学)が受賞されました。

3名の先生方は、新型コロナウイルス感染症対策のため、

産業医学基本講座の遠隔講義への変更に際し、準備段階から運営までご尽力いただきました。

今年度は色々な環境変化があり、

私自身も不慣れなことが多く大変でした(遠隔ツールの使い方など)が、

安藤先生のようにITに強い先生方がいらっしゃるので、研究所は安心です!

 

合同発表会前半では、快適環境部門、健康支援部門、社会環境部門の3部門から、

それぞれの研究活動について発表がありました。

 

部門ごとに特色があり、非常に興味深い内容でした。

私たちが所属する社会環境部門については、当研究室の森教授から簡単な部門説明の後、

Odgerel Chimed-Ochir先生(環境疫学)から研究のご紹介がありました。

 

後半は、最近のトピックスの発表がありました。

今年の産業医学基本講座の実施についての裏側の話、

大学院産業衛生学専攻課程について、

さらに川波先生(産業医実務研修センター)・東先生(労働衛生工学)・江口先生(産業精神保健学)からは、新任教授の抱負について講演がありました。

 

最後に、外部評価者の先生方から総評をいただいた後、

無事閉幕となりました。

 

当日、修練医は受付、司会や演者の補助、照明、Webカメラ担当などで

運営をサポートさせていただきました。

私は、同期の五阿弥先生とともに会場内のマイク係として、

発言者にマイクを届ける非常に重要な係を担当させていただきました。

今回は、感染予防対策として使用毎にマイクを

アルコール消毒するというひと手間が加わりましたが、なんとかやりとげました。

 

最後になりますが、みなさんは「オリオンゼミの由来」は、ご存知でしょうか?

パンフレットの裏側に載っていました。

HealthのHの形になっていたとは!由来を知ると面白いですね!

 

[文責:修練医 末吉 尚純 SUEYOSHI NAOZUMI ]